見た目から差を付ける! 料理盛りつけテクニックまとめ

  • twitter.png
本やテレビのレシピを真似して料理を作ってみると、
分量さえ間違わなければ味の良いものが作れます。
ただお手本のようにおいしそうに見えないのって、
作り方ではなく盛り付けに問題ではないのでしょうか?
 
今回はおいしそうに見える盛り付けのコツをご紹介します!
 
cooking.jpg
 
■和食 ~盛り付けの肝は山にあり!~
和食の盛り付けをする時は、山形になるよう盛ります。
煮付け等を盛る際、椀でもお皿でも立体的になるように。
ちょっとした心がけがポイントです!
 
参照:手前板前HOME
 
 
■お刺身 ~七五三?奇数の掟~
お刺身にも盛り付けの掟があります。
一、手前は低く奥は高く。
二、3、5、7と奇数ずつ盛る。
それだけできれいに見えるそうです。
切れ目を見せるように盛ると更に良いです。
 
参照:That's 学


■添え物 ~ワサビやオロシなどの盛り方で差が付く~
お刺身や厚焼き玉子に添えられる、
ワサビの盛り方にもコツがあるのです。
皆さん大体右からとるので、右に添えると取りやすいです。
また大皿の場合はいくつかに分けて盛り付けると、
便利な上に見栄えもよいです。

参照:日経レストランONLINE


■ワンプレートごはん ~ちょっとした小ワザでアクセント~
大きめのお皿を使い、ギュウギュウ感をなくすことです。
そうすれば隣の料理の味が移らなくもなります。

参照:作ってあげたい彼ごはん


■サラダ ~盛り付けはふわ丸で~
サラダを盛り付ける時のキーワードはふんわり丸く!
レタス等も適当にするのではなく、ちょうどいい大きさにきりましょう。
置くときは円を描くようにすることがミソです。

参照:おうちdeカフェ


■パスタ ~大きめの皿でカフェっぽく~
円を描くように置き、真ん中が高くなように盛っていきます。
最後にソースを真ん中にかけます。
ポイントは大きなお皿を使うことみたいです。
見た目にも余裕があり、オシャレ度がアップします。

参照:nanapi


■チーズ ~手軽にお洒落!ワンランク上の盛り付け!~
手軽にもう一品欲しい!!という時に便利なのがチーズです。
チーズの盛り付けはきっちり揃えるより、
少しずらしたり、高さを付けたり、あえて崩すほうがオシャレです。
またお皿の色をバランス良く選び、
フルーツをのせることも彩が良くなりおススメです。

参照:本日のおもてなし料理


■スープ ~具を見せて食欲を誘う~
汁物やスープの盛り付けのコツは汁より具!
きれいに具を並べ、6~7分目に盛り付けると更に見栄えがいいです。
和食だからお椀、洋食はスープカップとこだわらず、器も楽しみましょう。

参照:愛知県共済生活協同組合


■創作料理 ~基本を制するものが盛り付けを制する~
創作料理の盛り付けってカッコいいですよね!
でもまずは盛り付けも基本を押さえましょう!
一つのお皿に3品盛るときは二等辺三角形を描くように、
2品盛るときはお皿を真ん中で分け左右対称盛ります。

参照:創作料理レシピぐるめなBit
 

 

【まとめ】
いろんな人が言っていることですが、
ベタっとしたり、ギチギチ盛られていると確かにおいしくなさそうです。
食事にで出かけた際は、
レストランやカフェの料理を参考にするといいかもしれませんね。
 
<<TuiTui編集部>>
  


関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/689