【小ネタ】病院と医院とクリニックの違い

  • twitter.png
『病院行く』と普段一くくりにしてしまいがちの医療機関。
しかしよく見れば『病院』のみならず、
『医院』『クリニック』『診療所』と様々な名称が存在しています。
皆さんこれらの違いをご存じでしょうか?
 
これらは大きく『病院』と『診療所』に分けられます。
この場合、クリニックと医院も『診療所』に分類されます。
病院と医院を分けるポイントは、スタッフの数と病床数、すなわちベッドの数です。

『診療所』はベッドがない、もしくはベッド数が19床以下のものです。
また医師の他、看護師や薬剤師の数に決まりはありません。
 
一方、『病院』のベッド数は20床以上。
スタッフにも細かい決まりがあり、医師は3人以上所属していること。
また、看護師は患者3人につき1人、最低薬剤師1人の所属が必要となります。

ちなみに海外経験のある友人の話ですが、
日本と同じ感覚でクリニックにかかったことを『ホスピタル』に行ったと話したら、
大騒ぎされたそうです。
海外でホスピタルというのは、よっぽど重篤な際にかかる施設なんですね。
皆さんもインターナショナル感覚で、普段から『病院』『診療所』の区別をつけてみませんか?



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/684