【小ネタ】鉄火巻きの名前の由来

  • twitter.png
お寿司の鉄火巻き、美味しいですよね。
でもだいたい「並」のお寿司に入っている巻物はかっぱ巻きなので、
マグロ好きの筆者はいつも「上」や「特上」の値段とお財布の中身とを見比べてしまうのですが。

ところでこの「鉄火巻き」、「マグロ巻き」とは呼ばれずに、なぜ「鉄火巻き」なのでしょうか?
鉄火巻きの語源には諸説あるのですが、代表的なものは、マグロの赤身が
「真っ赤に熱した鉄」のように見えるからというもの。

また、ガツンとくるわさびの辛さも「鉄火」の名にもう一つのリアリティーを与えているのだとか。
別の説としては、賭博場のことを「鉄火場」と呼び、そこでよく食べられたからという説もあります。
博打をしながら食べるのに鉄火巻きは食べやすくてちょうどよかったのでしょうね。
 
ちなみに、そもそも「鉄火場」という名前も、
「熱した鉄のように賭博場が熱くなるから」という由来だそうです。
他にも、当時はマグロを生で食べる習慣がなく、それを寿司ネタに使うなんてとんでもないことだ!
(まるで熱した鉄に触るようなものだ!)ということに由来しているなんて説もあるみたいですよ。

キュウリの巻き物を「かっぱ巻き」と呼んだり、マグロの巻き物を「鉄火巻き」と呼んだり、
先人のネーミングセンスはなかなか粋ですよね。

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/650