ライト代わりになる日用品の実力を試してみた

  • twitter.png
先日あるテレビ番組で、ライトの代用品になる身近な物を紹介していました。
「へ~」と思って見ていたのですが、
テレビでパパパっと映像を流しただけなので、
いまいちその明るさがわかりかねていました。
 
気になったことはTuiTuiで試す! という信念(言い過ぎかも)にもとづき、
実験してみました。
 

■今回の素材
light-1.jpg
 
・ツナ缶
・小皿にサラダ油
・油性マジック
・ツナマヨ缶

テレビで紹介されていたのは、油性マジックとツナ缶でした。
それだけでは物足りないので、小皿にサラダ油を入れタコ糸で火を灯す方法と、
ツナ缶を買いに行ったら「もしやこれもいけるかも」と思い買った、ツナマヨ缶です。


■「ツナ缶」の実力
缶タイプではなく、アルミで蓋をしているものだったので、
爪楊枝で穴を空け、タコ糸(10cm程度)を押し込みます。
入れた瞬間から糸に油が染み込み、期待度が膨らみます。
 
炎の大きさからあまり期待できないだろうなと思いつつ、
火を付けて部屋を暗くしてみると、、、

light-3.JPG

地味に明るい!
電気がない状態であれば、これでも十分ではないかと思うくらいです。
 

【結果】
輝度レベル : ★★☆☆
これは使えるレベル : ★★★★☆
臭いレベル : ★☆☆☆☆


燃やした時の臭いはほぼないです。
思った以上の明るさを手に入れられ、使った後はもちろん食べることもでき、一石二鳥。



■「小皿にサラダ油」の実力
要するにアルコールランプみたいな、とても原始的な方法。
皿の下部が隠れる程度のサラダ油を入れ、タコ糸をサイドに置いて浸らせます。
部屋が明るい状態ではどんな感じだろうかと思い、火を付けてみます。

light-4.JPG

やはり炎は小さいですが、しっかりと燃えています。
油は糸に浸るスピードが早いので、簡単に火が付き、
ツナ缶と同等レベルの炎の大きさなので、
同じ位かなぁと思い、部屋を暗くしてみると、、、

light-5.JPG

意外と明るい!
ツナ缶より明らかに明るいかなぁという感じです。
純粋に油だけなので、燃え方がいいのでしょう。たぶん。
 

【結果】
輝度レベル : ★★★★☆
これは使えるレベル : ★★★★★
臭いレベル :
☆☆☆☆☆

ツナ缶より少し明るく感じたので、輝度評価は高めです。
燃やした時の臭いは全くありません。なによりも、どこの家にもあるので、
いざという時はかなり役立つと思います。
あと、キャンプした時なんかも便利だと感じました。



■「油性マジック」の実力

油性マジックに火を付けるという発想は今まで持っていなかったので、
個人的には一番期待と楽しみを持っていました。
気合を入れて極太マジックで挑戦です。
他と同じく、明るい状態で火を付けると、、、

light-6.JPG

若干燃え方が怖いですが、他に比べて明らかに炎が大きいです。
最初は付きづらかったのですが、
3秒程度でインク部分(スポンジみたいな所)に火が回ります。
早速部屋を暗くしてみると、、、

light-7.JPG

明るい!
暗くすると、火力の違いもよく分かります。
これはなかなか高評価かと思っていた直後、火の勢いはそのままに、
バチバチバチと音を立て始めます。
そして、マジック特有のインクの臭いが部屋中に広がり、
本体にまで火が回り始めます。ちょっと見ていると、プラスチックが溶け出し、
その臭いも発生します。

これはマズイと思い、すぐさま消火。
しばらく部屋中に臭いがこもっていました。
 

【結果】
輝度レベル : ★★★★★
これは使えるレベル : ☆☆☆☆☆
臭いレベル :
★★★★★
 
なんとも極端な評価になってしましましたが、正直な結果です。
明るいですが、危険です。そして臭いです。
やるなら野外がいいと思います。
持つ部分がガラスだと危険度は下がるかも。

light-8.JPG
※プラスチックだとこんな風に溶けるので危険!
 
 

■「ツナマヨ缶」の実力
【結果】
輝度レベル : ☆☆☆☆☆
これは使えるレベル : ☆☆☆☆☆
臭いレベル :
★★★★★

いきなり結果を持ってきたのには理由があります。
全く燃えませんでした。
ですので、写真もありません。
(掲載しても、ツナマヨ缶にタコ糸が刺さっているだけなので。。。)

臭いレベルが最高なのは、単純にツナマヨの良い匂いがしたからです。
 
 
 
  【まとめ】
実際に行なってみての率直な感想は、結構使えるということです。
特におすすめなのは、「小皿にサラダ油」。
本当は時間も計ろうとしたのですが、相当長くなりそうだったので止めました。
と思ってしまうほど、長持ちしそうです。
手軽に実践できるのも、ポイントが高い理由。
皆さんもぜひお試しください。

※火の取り扱いには十分気を付けましょう。特に油性マジックを試す場合。
 
 
<<西 康三>>
 
  

 


関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/678