【小ネタ】お酒を飲んだらラーメンが食べたくなる理由

  • twitter.png
お酒を飲んでいいかんじに酔っぱらうと、なぜかきまって「シメのラーメン」。
みなさんも経験あるのではないでしょうか。
どうしてお酒の後は無性にラーメンが食べたくなるのでしょうか。
そしてどうしてあんなに美味しく感じるのでしょうか。

実は、これにはちゃーんと理由があったのです。
一番の原因は「アルコール」。
体内に入ったアルコールは肝臓に運ばれ、
アルコール脱水素酵素(ADH)の働きによってアセトアルデヒドという物質に分解されます。
さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きによって酢酸に変わり、
最終的に炭酸ガスと水に分解されて体外に排出されます。
この一連の作業を行う肝臓のエネルギー源はブドウ糖で、
アルコールが入ることで血液中の血糖値が減少するのです。
すると下がった血糖値を補おうとお腹がすいてきます。
ラーメンやごはんに代表される炭水化物は消化されてブドウ糖などのエネルギーに変わります。
つまり、お酒を飲むことで身体が炭水化物を欲するというわけなのです。
その上アルコールのせいで軽い脱水症状を起こしている身体は水分も求めています。
炭水化物+水分。どうです?ラーメンならうってつけではないでしょうか。

でも炭水化物と水分だけなら何もラーメンでなくてもいいはず。
いえいえ、ラーメンじゃなきゃいけない理由がまだあるんです。
肝臓でアルコールを分解してくれるADHとALDHの働きを助けるものにイノシン酸というものがあります。
イノシン酸は肉類に含まれる旨味成分で、
トンコツや鶏ガラでダシを取るラーメンにはイノシン酸が豊富に含まれています。
さらにだめ押しの理由として、ビールはカリウムがたくさん含まれていて逆にナトリウムが
少ないのですが、体は体内のカリウムとナトリウムのバランスを保とうとするため、
カリウムが過剰になるとナトリウム、つまり塩分を欲するのです。
そして日本人はラーメン大好き。
どうです?飲んだ後のラーメンが鉄板な理由、おわかりですよね?

でもお酒もたくさん、おつまみもたくさん取り入れた体に、
塩分が濃く高カロリーなラーメンが本当に適しているのかどうかは、
ちょっと気をつけなければいけないのかもしれませんね。

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/619