【小ネタ】歳をとると筋肉痛があとから来る理由

  • twitter.png
アラサー同士の会話で頻繁に出てくるキーワードといえば、これでしょう。

「最近筋肉痛がくるの遅くなってきたんだよなぁ。」

いかがです?身に覚えありませんか?
ところで、この「年を取ると筋肉痛があとから来る」というのはほんとうなんでしょうか?
そしてその理由とは???

実は、筋肉痛が起こるメカニズムは、まだ完全には解明されていないそうなのです。
ただし、筋肉にかかる負荷が大きければ大きいほど、
より激しい筋肉痛が短い時間で発生することはわかっているそうです。

では、歳をとったことで体はどのように変わるのでしょうか。
一般的に言えることは、若い頃に比べて筋肉が衰えるということ。
それともう一つ、ここが重要なのですが、
昔に比べて普段の運動量そのものが減っていませんか?

昔は部活やサークルで毎日のように体を動かしていた人も、
社会人になると仕事に追われて運動不足になりがちです。
そんな人がたまに運動したとします。
そもそも運動不足で筋肉も減っているわけですから、
運動不足の人が一生懸命頑張ったつもりでも、
若い頃に比べれば「ものすごく激しい運動」なんてできていないわけです。
そのため、後からゆっくりと筋肉痛がくる程度の運動しかできておらず、
運動をした2日後くらいに筋肉痛がきた、なんてことになるのだと考えられます。

ということは、歳をとっても普段からしっかりと体を鍛えている人は、
後から筋肉痛がくるなんてことはないのかもしれません。
耳が痛いという人、いませんか?

関連する記事:4件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/642