【小ネタ】イボ、タコ、ウオノメの違い

  • twitter.png
足や手などにできてしまう「イボ」、「タコ」、「ウオノメ」。これらの違い知ってました?

これらのうちイボだけはウィルスが原因で起こる感染症です。
一般的には痛みやカユミがないために、そのままにしてしまうことが多いようですが、
放置しておくと他の部位にも広がってしまうこともありますので、
きちんと治療しておく必要があります。

タコは圧力や摩擦などの刺激を長期間皮膚が受けることでできる、
部分的に皮膚が厚く硬くなった状態のものです。
合わない靴のせいで足にできたり、手にできるペンだこなどがあります。

ほとんどのタコは痛くもかゆくもありませんが、タコがさらに症状が進むと
中に「芯」のあるウオノメになり、ウオノメは押したりつまんだりすると痛みがあります。
この芯は、外から見るとわかりませんが、中ではくさび状になって
真皮に向かって入り込んでいるのです。
症状の重い人では、ちょっと触っただけでも鋭い痛みを感じることもあります。

タコもウオノメも医療機関で切除することができますが、
タコやウオノメができてしまった原因を取り除くことで、自然に治ることもあります。
ある意味、生活習慣病と言えるかもしれません。

ちなみに小さな子供は体重が軽いため、タコやウオノメができることは考えにくいといいます。
もし子供の足に硬いものができていたときには、まずイボを疑ってお医者さんに診てもらいましょう。

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/638