【小ネタ】寿司屋のお茶が熱い理由

  • twitter.png
お寿司大好き!日本人ですもの!
いやいや、それはさておき。
最近は回転寿司などでは冷たいお茶を出すお店もありますが、
お寿司屋さんのお茶と言えば定番は「熱〜い」お茶。
これにはちゃんと理由があるんですよ。

お寿司のネタには脂の多いものもあります。
いやむしろ脂の乗ったネタの方が好まれますよね。
そんなとき、熱いお茶が口の中の脂分をさっぱりと洗い流してくれて、
前に食べたネタの味を引きずることなく次のネタを楽しめるって寸法なわけです。

そしてもうひとつ。
これはお寿司屋さんの口からは決して聞けない裏事情なんですが、
ぬるめのお茶だと飲みやすくてついがぶがぶと飲んでしまうことになり、
お茶でお腹が一杯になってしまってお寿司がたくさん食べられなくなってしまいます。
つまり、熱っついお茶をちびちびと飲んでもらうことで
お寿司をいっぱい食べてもらいたいという
お寿司屋さんの経営努力の表れでもあるんですね。

へぇ〜 へぇ〜 へぇ〜

(本当はちがってたらお寿司屋さんゴメンナサイ!)

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/593