【小ネタ】足がつる理由

  • twitter.png
夜中に突然の激痛!
足をつったことのある人ならわかりますよねこの痛み。
私もよくつる方なのですが、くせみたいにしょっちゅうつる人もいるとのこと。
私なんか「痛い痛い痛い!」って叫んでしまいます。
あのつらさ、よくわかります。
次の日もまだ痛みが残っていたりして、
あれ、なんとかならないものですかね。

さて、足をつる原因は何なのでしょうか。
「足がつる」というのは、足の筋肉が痛みを伴って強く収縮・けいれんすること。
ふくらはぎがつることを特に「こむら返り」といいます。
原因の多くは筋肉の疲労によるものだそうです。
過度の刺激を受けたことにより筋肉が強く収縮して「つり」ます。
また、筋肉の冷えによる血行不良も筋肉の収縮を引き起こしてつることがあるそうです。

ほかにも、多量の発汗や下痢などで脱水症状を起こすことが原因になることがあります。
カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル、いわゆる電解質のバランスが崩れることで、
神経や筋肉が興奮しやすくなってつることがあるそうです。

ほとんどの場合は病的なものではなくあまり心配はいらないのですが、
あまり慢性的につる場合は、脳梗塞や脳腫瘍、糖尿病、椎間板ヘルニア、
脊柱管狭窄症などの症状のひとつであることも考えられますので、
専門医に相談することも大切です。

もしもつってしまったら、
ただじっとしていてもなかなか症状は改善されません。
痛むところの筋肉をゆっくりと伸ばしてあげましょう。
ふくらはぎなら足先をつかんで足裏が反るように引っ張ってあげるなどするといいです。
また、予防のために普段からストレッチなどを行い筋肉の血行をよくしてあげたり、
たくさん汗をかいたら脱水症状におちいらないように水分補給をして
あげるなどするのもいいですね。

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/580