【小ネタ】新聞の社会面をなぜ「三面記事」と呼ぶのか?

  • twitter.png
三面記事といえば新聞の社会面記事のこと。
でも別に3ページ目に書かれているわけでもない
社会面記事のことをどうして三面記事と呼ぶのでしょうか。

「三面記事」の言葉の由来は、明治時代にさかのぼります。
当時の新聞は「独立新聞」と呼ばれ、そのうちのひとつ「万朝報(よろずちょうほう」が
4ページある紙面の3ページ目に芸能記事や事件・事故などの
センセーショナルな記事を載せたのがそのはじまり。
その後多くの新聞が同じような構成としたために
三面=社会面というスタイルが定着したのだそうです。

ちなみに当時は、一面が広告、二面が政治・経済、
三面が社会、四面が文化・家庭・連載小説という構成でした。
というのも、外側になってしまう一面と二面は
雨で濡れて読みにくくなってしまう恐れがあったため、
重要な記事は内側の二面と三面にという理由もあったようです。
 

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/555