【小ネタ】サイダーとラムネは同じ?

  • twitter.png
お祭りの定番「ラムネ」。
大人になっても無性に飲みたくなること、ありますよね?
さて、ラムネに似たもの(?)に「サイダー」がありますが、
ラムネとサイダー、何が違うのでしょうか。

サイダーは英語では「cider」。
国によってサイダーが指す飲み物は若干変わるようですが、
日本ではノンアルコールの甘みと酸味がある炭酸飲料のことをいいます。
ちなみに海外ではリンゴで作ったお酒のことを
サイダー(日本ではシードル)と呼ぶことが多いようです。

一方ラムネは、やはり甘くて柑橘系の香りのついた炭酸飲料のこと。
「ラムネ」という名前はイギリスから伝わった「レモネード」が
なまったものなんだそうです。
でも日本でラムネといったら、レモネードというよりサイダーだよなぁ・・・
う〜ん、もしかして名前が違うだけで中身は変わらないのでは・・・

一般的にラムネはビー玉の入った細身の瓶に入って売られていることが多く、
サイダーは缶で売られているのが一般的。
ラムネとサイダーはその語源と入っている容器が違うと言えるのかもしれません。

でもやっぱりお祭りと言えばサイダーではなくてラムネ。
あのビー玉をカラカラさせながら歩くのは楽しいですよね。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/545