【小ネタ】膝を曲げると、ポキッと音がなる理由

  • twitter.png
膝を曲げたとき、ポキッと音がすることありませんか?
個人差もあると思いますが、きっと多くの方が経験しているはず。
あまりに大きい音がしたときなどはちょっと心配になったりしますよね。
あの音の正体、何か知ってました?

関節の音の正体にはいくつか説があるのですが、
最も有力な説は、関節を動かした時に間接の中の液体が移動して、
その時に出る気泡の破裂音だという説なんです。

なんだそりゃ?と思う人もいると思いますが、
関節は動きをスムーズにするために潤滑油のような液体に包まれた構造をしています。
普段は関節の動きに合わせてスムーズに中を移動しているこの液体が、
急に大きく関節を動かしたりすると液体も急激に移動し、
その際発生する気泡の破裂音があの「ポキッ」という音の正体なんだそうです。
ちなみに手の指を曲げてポキポキ音がするのも同じ原理。
これは誰にでも普通に起きることなのでそんなに心配はいりません。

ただし、痛みが伴う場合などは関節に何らかの異常があるということも考えられます。
気になる場合は一度専門医に診てもらうといいですね。

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/562