【小ネタ】平熱が高い人は37度を超えても平気なの?

  • twitter.png
平熱は人さまざま。
35℃台の方もいれば37℃台という方もいます。
発熱時の感じ方も人それぞれで、
36.9℃でしんどいという方もいれば、38℃出ても平気だよという方もいるようです。
そもそも発熱とは、どんな状態なのでしょうか。

発熱の程度は、
37.0度~37.9度程度を微熱、
38.0度~38.9度程度を中等度熱、
39度以上になると高熱、
というように大まかに分けられています。
発熱の原因にもよりますが、
一般的に体内に侵入した病原菌(ウィルス)などと闘うために体温が上がります。
ウィルスは高温に弱いのです。
そのため、場合によっては発熱時に何が何でも熱を下げようと解熱剤を使用しない方が
よいこともあるそうです。
もちろんウィルスよりも先に体が熱に負けてしまってはいけませんので、
この辺はお医者様の指示に従いましょう。

また多くの場合、平熱が低い人は微熱でもよりつらく感じたり、
逆に平熱が高い人はそこそこ熱が上がっても平気だったりということもあるようですね。
先にも述べたように発熱の原因にもよりますから油断は禁物ですが、
体温計の数値だけを問題にせず、体の感じ方に素直に従うことが大切なのかもしれません。
たとえば、お子さんは基本的に大人よりも平熱が高いとされています。
ですので38℃でも全然元気だったりすることもあるようです。

いずれにしても熱が出ているということは、体が発する何らかのサイン。
自分は平熱が高いから平気だよと油断したり、高熱が続くのに市販薬を飲んでやり過ごしたりせず、
まずは専門医にかかって原因をつきとめ、適切な対処を行いましょう。

 


関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/570