【小ネタ】野球が9回までしかない理由

  • twitter.png
野球はなぜ9回までなのか、気になったことはありませんか?
ちょうど10回までにすれば切りがいいのにとか、私は思ったことがあります。
実は、この9回制の誕生には、ちょっとした歴史があるんです。

野球は1839年にアメリカのダブルデー少将という人が考案したスポーツといわれています。
当時のルールは今とは違っていて、どちらかが21点先取すると勝ちとなっていました。
そして当時は試合終了後に「打ち上げ」の飲み会をするのが常だったんです。

ところで、21点先取制だとものすごく早く勝敗が決まることがあったり、
逆になかなか試合が終わらなかったりしていたのですが、
これに悩まされていたのが打ち上げの料理を作るコックたち。
一体どのタイミングで料理を用意すればいいのか、毎回悩みの種だったんですね。
そしてついに、ニューヨークの野球チーム・ニッカーボッカーズの
専属シェフたちからクレームがありました。
そのクレームを受け、ある程度終了時間の予測がつけられるようにと
回数制が導入されたのです。
野球の誕生から6年後の1845年のことでした。

ではなぜ「9回」なのでしょうか?
当時のアメリカでは12進法の影響が強く、12の3/4である9回が採用されたと言われています。
たしかにストライクやアウトのカウントも3回です。
ちなみに「ボール」は後になって導入されたルールのため4回までとなっていますが、
もし当時から存在したルールなら3回までとなっていたかもしれませんね。
なぜ回数が12回ではなく9回なのかについて、はっきりとしたことはわかっていないのですが、
12回では打ち上げのビールが気になって気になって試合に集中できなくなるからなのかな、
なんて思っちゃいました。
なにしろ当時は試合の結果よりも打ち上げの方が大事だったという話もあるくらいですから。
 
 

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/564