今すぐできる! パソコンの見過ぎによる目の疲れ対処法

  • twitter.png
いまやパソコンは、現代人にはなくてはならないアイテム。
しかし、長時間のパソコン作業は目や肩、腰に大きな負担となってしまいます。
今回は目の疲れからくる眼痛に焦点を当て、予防・対処法をご紹介したいと思います。
 
eye.jpg
 
 
【眼精疲労の場合】
 
■予防法
眼精疲労とは目の疲れのこと。
目を使う作業を1時間続けたら10分程度、こまめに休憩を取りましょう。
他にも、視力に合っていない
メガネやコンタクトレンズによるトラブルが原因となる場合もあります。
なかなか症状が改善されない場合は軽く考えず、
なるべく早めに眼科医に相談した方が良いようです。
 
参照:excite.健康
 
 
 
■眼精疲労を感じた時の対処
目の疲れをほぐすストレッチが紹介されています。
動画もあって分かりやすいですよ。
 
参照:ひとみすこやか.com
 
 
 
【ドライアイの場合】
 
■予防法
ドライアイ症状が出る原因は、涙で覆われた目の表面の涙が乾くこと。
まずは休ませることが大事みたいですが、
 
・まばたきの回数を意識的に多くする
・目の負担の少ない環境を作る
・コンタクトの過剰使用を避ける
・加湿器を使う
 
など、さまざまな予防法があります。
まばたきを意識するは今すぐできますね。
 
 
 
 
■ドライアイを感じた時の対処法
多く言われているのが、
 
・蒸しタオルで血行を良くする
・市販の点眼薬を使う
・マッサージをする
 
あまりにひどいときはやはり眼科が良いそうです。
他の原因も隠れている場合があるようです。
 
参照:タケダ健康サイト
 
 
 
【症状を問わずに効果のある予防、対処法】
 
■姿勢や視勢の予防・対処法
モニターから40~50cmの距離をおくようにします。
画面の位置は目線が下がる位置に設置。
また、モニターに照明や外光が映り込まないようにするなど、
多くの予防法があります。
 
参照:All About
 
 
 
■食べ物からの予防・対処法
ビタミン、アントシアニンはよく言われますが、
タンパク質やミネラル、炭水化物も重要。
要するに、バランスの良い栄養摂取が目にも大事ということです。
 
参照:All About
 
 
 
【まとめ】
眼精疲労の要因として、パソコン、エアコン、
コンタクトレンズ、ストレスなども挙げられます。
どれも現代人の生活から切り離せないものばかりですよね。
でも、ちょっとした注意で、症状を予防したり緩和することができます。
あまりにもひどい場合は、診察してもらうのが一番早いかも。
 
 
<<TuiTui編集部>>
 
 
 


関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/540