髪の毛サラサラ! 今日からできる正しいシャンプー方法

  • twitter.png
毎日何気なくやっているシャンプー。
でもちょっと待って!あなたのシャンプー、髪や頭皮をいじめてませんか?
実はとても奥が深い、正しいシャンプー法をご紹介します。
 
syawa-.jpg
 
 
【最初にブラッシング】
 
髪のもつれを取り、ほこりなどを落とします。
ブラシは頭のテッペンからとかしても髪がもつれないくらい目の粗いものを選んでください。
 
参考:らしさ
 
 
【しっかりと前流し】
 
少し熱めの温度設定で充分に髪にシャワーを当ててください。
濡らすという感覚よりも流すという感覚で行なってください。
 
髪の汚れは、なんとこのプレシャワーリングだけで70%位落ちてしまうんですよ。
時間にして2~3分充分に行なってください。
 
これをやることによって髪自体の汚れも落ちますので、
シャンプー剤も少ない量で充分な泡立ちが得られます。
 
参考:All about
 
 
【シャンプーは適量を】
 
シャンプーの量は多くても少なくても良くありません。
多い場合はすすぎ切れずフケ症や抜け毛の原因になります。
 
 参考:正しいシャンプーの仕方
 
  
【指の腹でマッサージするように洗う】
 
指の腹で皮脂や汚れを揉み出すように、髪の生え際から頭頂部に向けて
地肌をマッサージするように洗います。
 
強くこすったり爪を立てたりするのはやめましょう。
痒いからといって爪を立てて洗うと頭皮を傷つけます。
 
傷ついた頭皮は乾燥してフケの原因になったり、痒みが増してしまいます。
 
参考:女性のための薄毛対策
 
 
【長時間シャンプーをつけたままにしない】
 
髪に有効成分を行き渡らせ、保湿を与えるという目的でコンディショナーなどを
使用している方もおりますが、これをシャンプーで行ってはいけません。
 
頭皮を痛め、肌荒れを起こしかねません。シャンプー自体はあくまで洗剤と考えましょう。
 
 
参考:発毛・育毛 はげ対策!
 
 
【お湯は体温に近い38℃くらいが正解】
 
熱いお湯や強いシャワー圧はタブーです。
熱いお湯を浴びるとキューティクルが立ち上がり、髪の毛がボワッと膨らんでしまいます。
 
髪の毛にとってベストなお湯の温度は38℃。
シャワーを体温に近いぬるめの温度に調節して使ってください。
  
参考:正しいシャンプーの仕方
 
 
【しっかり泡を流す】
 
髪を押し上げるようにして念入りにシャワーします。
耳の後ろや毛の生え際が洗い残すことがあるので気をつけましょう。
 
どんなに低刺激のシャンプーであっても残れば菌の繁殖のもとですからよく洗い落として下さい。
  
参考:あんだてシャンプー
 
 
【トリートメントの前に】
 
シャンプーした髪の水気をしっかりふき取ります。
こうするとトリートメント液がなじみやすくなります。
 
参考:正しいシャンプーとトリートメントの仕方
 
 
【トリートメントは毛先を中心に】
 
毛先は一番傷みやすい部分ですから、トリートメントは毛先を中心に塗るようにします。
トリートメントは、浸透しやすくする為に、髪に揉み込むようにして塗っていきましょう。
 
全体に塗り終わった後は、粗めのクシを使って、全体に馴染ませていきます。
この時、クシは頭皮と直角になるようにしてとかしていくと、馴染みやすくなります。
 
コンディショナーもしっかり流しましょう。
  
参考:.ヘアケア!正しい髪のお手入れ方法
 
 
【上手に乾かしましょう】
 
タオルで押さえるように髪を拭きます。摩擦は髪のキューティクルを傷めるので、
こすらない事が重要です。髪だけでなく、地肌の水分もあらかた拭き取ります。
 
10~15cm離したところから、指を広げて手櫛で髪をパサパサ揺らしながらドライヤーをあてます。
同じ部位に2秒以上熱風を当てないように、ドライヤーを左右に動かしながら、髪と頭皮を乾かします。
  
参考:自分で克服!!頭皮、薄毛、抜け毛対策
 
 
 
【まとめ】
一つ一つを丁寧に行うことが大切なんですね。
正しいシャンプーで髪と頭皮を喜ばせてください!
 
 
<<TuiTui編集部>>
 

 


関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/509