こんなに便利! オンラインストレージの目的別有効利用!

  • twitter.png
複数人でファイルの編集を行うときや、データを持ち歩く際に便利なのが
オンラインストレージサービス。
しかし、オンラインストレージサービスも数多くあり、
どのサービスにするか迷ってしまうこともあるのでは?
そこでオススメのオンラインストレージサービスを選んでみました。
また、オンラインストレージサービスの用途についても紹介しておりますので、
これから利用しようかという方にもご参考いただければと思います。
ER157_L.jpg
 

オンラインストレージとは?
オンラインストレージとは、インターネット上にファイルや画像などを保管できる
スペースを貸し出しているサービスのことです。
インターネット経由で、どこからでも利用することができ、主に以下のような用途で使用されます。
 
(1)フラッシュメモリなどの代替
場所を変えてデータを持ち歩く際に使用。自宅で編集しているファイルも
オンラインストレージ上にアップロードしておけば出先からでもアクセスできます。
メールで送れないような大容量のファイルも管理することが可能です。
(2)ファイルのバックアップ
保存しておきたいデータを、外部メディアや外部ドライブを用意せずに
バックアップを取ることができます。
パソコンの容量を軽減することが可能です。
(3)複数人でデータを共有
友人や家族とファイルを共有したり、グループで作業を行うことが可能です。
業務の効率化や迅速な情報共有を行うことができます。


オンラインストレージの目的別利用方法
各サービスによって特徴がありますので、使用する用途にあわせて
サービスを選択することをおすすめします。
 
(1)フラッシュメモリなどの代替に適したオンラインストレージ
一時的なファイルも持ち運びの場合は、無料で使えるサービスがリーズナブルに利用できます。
25GBまでファイルを保存できるSKYDRIVE
iPhoneアプリにも対応しているSugarSyncがおすすめです。
 
(2)ファイルのバックアップに適したオンラインストレージ
無料のサービスでは、データが消失した際の保証がされていない場合がありますので、
有料版を使用するほうが安心といえます。
また、保管期限が決まっているサービスもありますので注意が必要です。
強力なセキュリティでファイルを守ってくれるノートンオンラインバックアップ
ID・パスワードを相手に通知する必要なくファイルを送ることができる
(漏洩の可能性が低くなる)KDDIセキュアシェアがおすすめです。
 
(3)複数人でデータを共有に適したオンラインストレージ
特に多人数でデータを使用する場合は、容量が大きいサービスがおすすめです。
保管期限が決められてはいますが(7日間)無料で使用でき容量無制限のFirestrage
有料版で最大16TBまで容量を追加できるGoogleドキュメントがおすすめです。


オンラインストレージ主要サービス
主要なオンラインストレージの基本情報と特徴をエクセルでまとめました。
比較検討の際にご参考ください。
データストレージサービスまとめ_20101022.xls
 
 

<佐藤ゲルニカ>




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/490