【小ネタ】よく寝る動物、寝ない動物

  • twitter.png
人の睡眠時間は8時間くらいと言われていますが、
他の動物がどれくらいの睡眠時間をとっているかご存じですか。

ナマケモノは1日20時間も眠っていますが、
キリンはなんと20分しか寝ていません。


基本的に草食動物の睡眠時間は短く、
肉食動物の睡眠時間は長いとのこと。
草食動物は草を消化するために時間がかかることや、
敵に襲われる可能性があるためゆっくり眠れないそうです。
おまけに熟睡すると肉食動物が近づいてきたときに反応できないので、
常にうたた寝状態。きちんと眠ることはないんですね。
 
草食動物のはずなのに20時間も眠っているナマケモノですが、
ナマケモノは毒のある草を食べるので、
それを消化するのに多くのエネルギーを消費します。
消化効率が悪いので、少しでも体力を温存するために眠っているんだとか。
ナマケモノは眠っていても起きていても動きが遅いので、
天敵に見つからないようにするしかないんだそうです。
 
草食動物とは逆に、肉食動物は消化が短時間で済み
敵に襲われることもないためぐっすり眠るのだそうです。
猫の優雅な昼寝タイムも、そう考えると納得ですね。

ちなみにイルカの睡眠時間は0時間で全く眠っていないと言われていますが、
実は左右の大脳を交互に眠らせながら行動しているのだそうです。


眠る必要がないなんて、うらやましい限りです。

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/405