【小ネタ】サラリーマンの「サラリー」ってなんのこと?

  • twitter.png
「salary(給料)」と「man」を組み合わせた和製英語である「サラリーマン」ですが、
「サラリー」とは実は塩のこと。

古代ローマ時代、兵士の給料は塩で支払われており、その名残が今も残っているんですね。
塩が給料というとなんだか不思議な気がしますが、
江戸時代の日本で、武士の給料が米だったのと同じことのようです。

紀元前3千年前、塩はとても貴重品でした。
塩がないと保存食が作れず、戦や遠征に行くことができなかったのです。
そのため古代に文明が栄えた場所の近くには、必ず塩の産出地がありました。
当時はまだ塩を作る技術がそれほど発達していなかったこともあって、
貴金属に匹敵するほど塩は貴重品だったようです。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/395