【小ネタ】体重が重い動物ほど長生きする?

  • twitter.png
人間にとって肥満はあまり喜ばしくないことですが、
自然界を見てみると体重が重い動物の方が長生きする傾向にあるようです。
もちろん例外はありますが、
猫よりライオン、ゴリラよりゾウの方が基本的には長生きです。

ネズミとゾウが一生の間に打つ心拍数は同じく15から20億回といわれ、
ネズミとゾウ以外のほ乳類もほぼ同じともいわれています。
しかし、回数は同じでも速度が違っており、
ネズミが1分間に600回鼓動しているのに対して、ゾウは30回。
単純に考えて、ネズミはゾウの20倍早く老化しているんですね。

それ以外にも長生きする動物の特徴にはいろいろあり、
妊娠期間が長いものや、1回の妊娠で生まれる子供の数が少ない、
体重に対して食べる量が少ないなどが挙げられます。
また、幼い頃の死亡率が低いものも長生きするそうです。

ほとんどの項目に人は当てはまっていますことを考えると、
人が80年も生きるのもわかる気がします。
ちなみに心拍数を減らすには、
ジョギングやウォーキングなどのトレーニングが効果的とのことです。

関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/463