金魚すくいの金魚を長生きさせるコツ

  • twitter.png
夏祭りの季節!
お祭りといったらやっぱり金魚すくいでしょう!
でもせっかくとってきた金魚、
飼おうとしてすぐに死なせちゃった経験のある人、少なくないのでは?
そんなことにならないよう、金魚すくいの金魚を育てるためのコツをまとめました!
 
kingyosukui.jpg  
 
 
◆準備のコツ
「金魚は必ずすくえるもの」として、事前の準備や
当日の行動の予定を立てておきましょう。
金魚すくいをする際にも、気合が入りそうです。
 
水のカルキ抜きをしておく
まずはお祭りに出かける前に金魚を可哀相な目に合わせないように
「金魚を飼うぞ」という覚悟とともに、バケツに2杯くらい、
汲み置きの日なた水(カルキ抜きした水)を用意しておきましょう。
 
 
 
金魚をとったら寄り道しない
持ち帰り用のビニール袋は中の水温が上がりやすく、
複数匹入れていると水中の酸素も不足しがちになります。
袋のまま車内に放置したり、長時間持ち歩くと弱ってしまいます。
 
 
 

◆環境のコツ
実際に金魚をすくうことができたら、環境を整えてあげましょう。
住みよい環境にしてあげることで、金魚のストレスも軽減します。

あわてて水に入れない
水槽に入れる前に、金魚のビニール袋を15分ほど
水槽の水にぷかぷか浮かべる。
水の温度が急に変わると、特に水が冷たくなると
病気を発生させるからです。
ビニール袋の水が水槽の水と一緒の温度になった頃
水槽に放流してやりましょう。
 
 
 
ぶくぶくの投入は必須
「水槽」と「泡が出る装置(ぶくぶく)または循環式ポンプ」を買います。
バケツで、「ぶくぶく」を入れずに飼育すると、酸欠に加え、
水が浄化できず(金魚の排泄物等で)に、死んでしまいます。 
 
引用:ゼロからの金魚の飼い方・ノウハウ集さま
 
 

◆育成のコツ
愛情をもって世話をしっかりすることで、金魚の寿命が劇的に伸びます。
せっかく縁あってやってきた金魚。可愛がってあげてください。
 
 
水替えはちょっとずつ
水替えは3週間に1回、3分の1ずつするのが理想という。
 
餌をあげすぎない
えさはやりすぎると死に易くなる。
2日に1回少量を与える。与えた時あっという間に無くなる時は、
少し余分に与えてあげる。
 
引用:金魚を長生きさせるコツ (今日のエッセーさま)
 
 
よく観察する
普段から金魚のしぐさや体の変化に注意してみましょう。
こんなしぐさをしたら要注意!
・口をぱくぱくさせる → 酸素が足りなかったり、水が汚れているかもしれません。
・ひっくりかえる → 普段の生活による消化不良やストレスなどが考えられます。
・落ち着かない泳ぎ方をする → 寄生虫がいて、落ち着かないのかもしれません。
 
引用:病気の発見(金魚と仲間たちさま)
 
 
たまにはストレス解消させる
狭い水槽の中で長い間飼っていると、魚もストレスが溜まってくる。
たまには広い所に出し、思い切り泳がしてやることが大切である。
我が家では、魚の運動会と称して、数ヶ月に一度、
子供用のビニールプールに水を張り、1日中泳がしている。
夕方、元の水槽に戻すが、どの魚も疲れてぐったりしているのが判る。
翌朝、ストレス解消された魚の動きは鋭い。
 
引用:デカ金魚飼育(少林寺拳法浜松可美支部さま)
 
 
【まとめ】
いかがでしたか?
ちょっとした注意と努力で金魚はどんどん大きくなる生き物です。
そういえば私の実家でも、約20年長生きしたためフナみたいになっている金魚がいました。
しっかりかわいがって家族の一員となってもらいましょうね!
 
<<佐藤ゲルニカ>>

   


関連する記事:3件



トラックバック(2)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/406

PickUp 金魚すくいの金魚を長生きさせるコツ このスーパー、素敵だなw 思わぬ精神攻撃を与えてくるTwitterの「おすすめ」機能に注意 ... 続きを読む

TuiTuiで公開している、お盆休みに役立ちそうな記事をまとめてみました。わりと役立ちそうです。 続きを読む