書いた文章をスラスラ読ませるための簡単テクニック

  • twitter.png
過去2回、文章を書く前に心がけたいちょっとしたコツを書きました。
 
【過去の記事はこちら】
文章を書くのが苦手な人が、書く前にやるべき3カ条
ちょっとの工夫で、読みやすい文章は書ける
 
今回は少し具体的なテクニックとして、
読みやすい文章を書くための簡単な方法をご紹介します。
 
bunsyou3.jpg
 

【同じ語尾を続けない】
よくありがちなのが、「~です」「~した」などを続けて使ってしまうケースです。
同じ語尾が続くと、読みにくいだけではなく、読んでいておもしろくありません。
例文を挙げると、
 

例)
2日前に今週納期の原稿は書き終わりました。
同僚にチェックをお願いしました。
昨日、チェックが終わったので、修正も完了させました。
今日の午前に完全な原稿をお客様に渡しました。
 

意味は通じますが言いたいことを並べただけで、
メリハリもなく決して読みやすい文章とは言えません。
そこで有効なのが、「体言止め」「文章の接続」です。
それを意識して上記の例文を修正すると、
 

修正例)
2日前に今週納期の原稿は書き終わりました。
同僚にチェックをお願いし、

昨日、チェックが終わったので修正も完了。
今日の午前に完全な原稿をお客様に渡しました。
 

このように、「体言止め」と「文章の接続」を適時使うことで、
同じ意味の文章でも、読みやすさは向上します。



【同じ助詞を文中で何度も続けない】
これも良くありがちなケースです。
「の」・「に」・「で」などの助詞を続けて使うと、とても読みづらくなります。
例文を挙げると、
 

例)
・PCメール調子が悪く、お客様メール内容を確認できない
・用事を忘れないよう手帳書いたの忘れた
・今日の取材疲れたの、お風呂寝てしまいました

回りくどく、文章が平坦でリズムがありません。
それを解消するポイントは、「同じ助詞は2回以上使わない」です。
上記を意識して例文を修正すると、


例)
PCメール調子が悪く、お客様メール内容を確認できない
PCメール調子が悪く、お客様メール内容を確認できない

・用事を忘れないよう手帳書いたの忘れた
→用事を忘れないよう、手帳書いたが忘れた

今日は取材疲れたの、お風呂寝てしまいました
今日は取材疲れてしまい、お風呂寝てしまいました

このように助詞を2回以下に収めると、
格段に読みやすさは向上しますので、ぜひ意識して欲しいポイントです。
 

【まとめ】
ビジネス・プライベートに限らず、
書いた文章は「相手に伝えるためのもの」と思うことが重要。
そのために意識することはいくつかありますが、
その一つに「読ませるリズム」があると私は考えています。
 「リズムが良い文章→読みやすい文章→わかりやすい文章」ということなので、
今回の記事を少しでも活用してもらえれば幸いです。
 
 <<西 康三>>
 


関連する記事:2件



トラックバック(1)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/120

■6月のTOP10! 6月にアップした記事の人気TOP10を発表します! 見ていない記事があったらチェック×2!! 【1位】 ストリップを見... 続きを読む