現役社長に聞いた、時間の作り方7原則

  • twitter.png
大事な仕事があるのに、
ほかの仕事に追われてしまって十分な時間がない……。
働いている中で、そんなことがよくあります。
 
どうしたらうまく時間を使えるんだろう?
よし、まずは身近にいる仕事の早い人に聞いてみよう ということで、
うちの会社で一番仕事が早い社長に、時間の作り方について聞いてみました。
 
 
■これが7原則だ!
 
 
【その1】やり方を変える
違うやり方が無いか、まず考えてみる
今やっているやり方しかないということは、まずない。
ほとんどの場合、気づいていない(考えていない)だけ。
 
足してみたり、引いてみたり、道具を使ったり。
いろいろ工夫する。
 
time_001.jpg
 かなり極端な例ですが……。
 
なお、画像はAmazonさまよりお借りしています。 
 
 
 
【その2】やる人を変える
本当に自分がやるべきことか。もっと早く、安く完遂できる人はいないか。
自分と比べて、生産性が2倍の人や、
コスト(時給などの金銭的コスト)が2分の1未満の2人はいないか?
 
time_003.jpg
手伝ってもらったら、感謝の気持ちは忘れずに。 
 
 
 
【その3】順番を変える
道順が1つであることはほとんどない。
順番について熟考し、最もコストを減らせる順番を選択する。
 
time_04.jpg
一番早いと思っていた道順も、実はそうでないかも! 
 
 
 
【その4】同時にやる
"1つのことしかできない"は嘘。慣れればできる。
通勤時間、トイレ、会議…etc いくらでもある。ついでにやる。
 
time_005.jpg
 書類を作りながら、昼食を食べるとか。
 
 
 
【その5】集中してやる
【その4】の逆。
やると決める。ゴールを決める。メリハリをつける。やり抜くと決める。
そして、より早く終わらせる。
 
time_07.jpg。 
とにかく集中。
 
 
 
【その6】隙間にやる
休憩時間でも仕事(作業している)時間でもないのが、隙間時間。
その隙間時間に何をやるか決めておく。
 
time_08c.jpg
例えば、営業先から帰社している途中に、明日のアポを取っておくとか。
 
 
 
 
【その7】やらない(何かを捨てる)
本当にそれはやるべきことなのか。
省略する方法はないか? について考え、決断を下す。
 
time_09b.jpg
やらなくていいことは、思い切って切り捨てよう。
 
 
 
■まとめ
個人的な話になってしまいますが、
聞いた話の中では、【その1】が印象に残りました。
工夫もなしに仕事を続けていては進歩がない感じがしたからです。
 
ほかの項目もうまく使いこなせれば、作業効率がアップしそうですね。
皆さんも、よかったら実践してみてください!
 
 
<<凱旋門 昇>>
 



トラックバック(1)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/76

5月の人気記事TOP10を発表します! ランク外の「話題・注目の記事」や、作者が消し去りたいと思う記事を晒す「作者赤面コーナー」も必見です! 続きを読む