シャープペンの芯一本で希望に満ちた男

  • twitter.png
シャープペンの芯は一体どれほど書けるものなのか、
常々疑問に思っていました。
謳い文句で書かれる、「一本で何メートル線が引ける」とかありますが、
はっきり言ってまったく想像がつきません。
というわけで、実際に文字を書いて検証してみました。

今回書く文字は「希望」。

早速書いていきます。
kibou1.jpg

昼休みに少しずつ進めたのですが、
なかなか芯が減りません。
 
kibou2.jpg
無心で書き続けます。

結局家に帰ってからも書き続け、
日曜日の更新に間に合わせるため、終了したのは土曜日am3:00。
書き終わるまで4日を要し、時間にすると約6時間は掛かりました。
 
 
腕が痛くなるほど書き続け、書いた「希望」は1734!
 
kibou4.jpg
A4用紙一枚に「100希望」書けるので、17枚はびっちり書いています!
 
kibou5.jpg
18枚目の途中で、ついに芯が無くなりました!
 

【まとめ】
最初は500位かなと思っていただけに、意外と多くて辛かったです。
おそらく一生分の「希望」は書いたと思います。
というか、日本一「希望」を書いたのでは!?
なにはともあれ、「希望」に満ちた数日間でした。
 

<<西 康三>>


関連する記事:6件