悔いを残すな! 試験当日にもできる最後の受験対策

  • twitter.png
 
受験シーズン到来中!
試験が終わってホッとしている方も入れば、
まだこれからの方もいることでしょう。
 
今回は、「合格に少しでもプラスになるものが欲しい」と考えている方のために、
受験合格に役立つおまじないをまとめてみました。
 
omajinai01.jpg
 
 
■はじめに -おまじないの心得-
おまじないの効果を疑わないことが大切とのこと。
また、最大限の効果を出すために体を清めておくと良いようです。
 
 
■試験前日までにやっておきたいおまじない
 
 ●苦手教科をを克服する
  苦手科目のノートにグレーの表紙を選ぶ。
  ノートの表紙にごく太の赤ペンで科目名を書く。
 
 ●試験に受かるおまじないをする
  山や川、海で小石を拾ってくる。
  少量の塩と水をいれてかき混ぜ、「べせらほらきや」と3回唱える。
  その後、小石を取り出して水気を拭き取り、願い事を唱えながら
  小石に願い事を赤い字で書く。
  試験を受けるときに小石をカバンなどに入れておくと良い。
  願いが叶ったら小石は土に埋める。
 
 ●携帯電話の待受画面を幸運を呼ぶものに変更する
  待ち受け画像をダウンロードする 「おまじない大辞典★まじない.com」さま
 
 ●護符を作る
  護符をダウンロードする 「MyBirthday HappyWeb」さま
 
 
■試験当日にやっておきたいおまじない
おまじない連発! これで合格率アップ!
 
 ●試験会場に向かう前に…
  履いていく靴を乾いた布で軽く磨いてきれいにする。
  右足から靴を履き、その際に「オン・サン・ザン・ザンサク・ソワカ」と唱える。
  その後、玄関で空中に五芒星を指で大きく書く。
 
  五芒星? という方はこちら Wikipedia 五芒星
 
 ●試験会場に着いたら…
  あらかじめ、5円玉の穴に紅白のひもを通して、なるべくこじんまりと結んでおく。
  (形は気にしなくてよい)
  会場に着いたら、トイレの誰にも見つからないような場所に隠す。
 
 ●苦手科目の前に…
  その教科が得意な友人と鉛筆を交換して使う。
 
 ●席に着いたら…
  右手の人差指で五芒星を左手のひらに書く。
  こうすることで平常心が保つことができる。
  すぐに落ち着かない場合は再度繰り返す。
 
 ●試験用紙が配られはじめたら…
  机の上に右手の人差指で「才」の字をを5回書く。
 
 ●試験開始と同時に…
  解答用紙の名前記入欄に好きな人の名前を書く。
  試験終了前にその名前を消し、自分の名前を書く。
 
 
■最後に -おまじない以外の準備も忘れずに!-
いかがだったでしょうか。
少しでもお役にたてれば幸いです。
 
おまじないも良いですが、あくまで最終対策とし、
試験会場までの行き方など、事前準備はしっかりしておきましょうね。
 
それでは試験を受ける皆さん、
最後の最後まで頑張ってください!
 
 
 
今回まとめるにあたって参考にしたサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▼▼▼▼▼▼▼▼▼  あわせて読みたい  ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 
 
<<凱旋門 昇>>