知っておこう! 歴史に名を残す○組の兄弟チャンピオン

  • twitter.png
 
kameda01.jpg 
 
先日、亀田3兄弟の次男、亀田大毅選手が念願の世界戦勝利を果たしました。
日本では初の兄弟チャンピオンとのことでしたが、
世界的にみるとどうなっているのでしょうか?
早速調べてみました。
 
なお、記録は2010年2月9日現在のものとなっています。
また、暫定チャンピオンも除外しています。
  
 
■兄弟チャンピオンは4組しかいない。
 
 
 ●日本初の兄弟チャンピオン
 
  亀田興毅(日本)
  22戦22勝(14KO)
  WBA世界ライトフライ級チャンピオン(2006年8月2日)
  WBC世界フライ級チャンピオン(2009年11月29日)
 
  亀田大毅(日本)
  18戦16勝(11KO)2敗
  WBA世界フライ級チャンピオン(2010年2月7日)
 
 
 
 ●史上初の双子チャンピオン
 
  50戦49勝(43KO)1敗
  WBA世界ジュニアバンタム級チャンピオン(1984年11月21日)
 
  26戦24勝(19KO)2敗
  WBA世界バンタム級チャンピオン(1988年5月9日)
 
 
 
 ●史上初の兄弟2階級制覇
 
  55戦50勝(37KO)4敗1分
  WBA世界フェザー級チャンピオン(2003年11月1日)
  WBC世界スーパーフェザー級チャンピオン(2007年3月17日)
  WBA世界ライト級チャンピオン(2009年2月28日) など
 
  ラファエル・マルケス(メキシコ)
  42戦37勝(33KO)5敗
  IBF世界バンタム級チャンピオン(2003年2月15日)
  WBC世界スーパーバンタム級チャンピオン(2007年3月3日 など
 
 
 
 ●史上初の兄弟世界ヘビー級チャンピオン
 
  ビタリ・クリチコ(ウクライナ)
  41戦39勝(37KO)2敗
  WBO世界ヘビー級チャンピオン(1999年6月26日)
  WBC世界ヘビー級チャンピオン(2004年4月24日)
 
  ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)
  56戦53勝(47KO)3敗
  IBF世界ヘビー級チャンピオン(2006年4月22日)
  WBO世界ヘビー級チャンピオン(2008年2月23日) など
 
 
 
■亀田兄弟は史上初の大記録を成し遂げられるか?
 
ボクシングで3兄弟チャンピオンとなると、今までに例がなく史上初となります。
亀田家の3男・和毅選手は「兄弟の中で一番才能がある」と上の2人から言われていますし、
大記録も十分にありえることではないでしょうか?
 
 
 
▼▼▼▼▼▼▼▼   あわせて読みたい   ▼▼▼▼▼▼▼▼
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 
 
 
<<凱旋門 昇>>