10年ぶりに再開? ハイチュウいちご大福味を食べてみた

  • twitter.png
 
■初めに
これは……、
「忘れかけていた旧友と再開したときの気分」にさせてくれるハイチュウです。
 
 
■外観
 
ハイチュウいちご大福味 パッケージ表面
初見では、「え……」と思わずにいられません。
 
こちらの心配を他所にポップな感じで書かれている、いちご大福味の6文字。
その隣には、いちご大福の写真。
「写真は味のイメージです」と書かれているのですが、
 
正直、全くイメージがわきません……。
 
どの味でも書いてあるとはいえ、ここまで強引に感じたのは初めてです。
 
 
ハイチュウいちご大福味 パッケージ裏面
裏面
 
いちごとヨーグルトは濃縮されていますが、あずきは濃縮されていないようです。
 
 
■中身
 
 ハイチュウいちご大福味 中身
色は案外普通でした。
もっと茶色いのかと思ったのですが。
 
表面と中央の色が違っているのも、普通のハイチュウと同じ。
 
 
■感想
口に入れた瞬間に広がるあずきの味。
 
あずきバーと同じような味がします。
あずき度のクオリティはなかなか高いといえるでしょう。
 
このままではあずきの味しかしないぞ? と思って食べていると、
だんだんとあずき味がなくなっていき、
それと変わるようにいちご味が強まっていきます。
どうやらあずき味は表面だけのようです。
 
最後の方は完全に味に覚えがある、いちご味のハイチュウ。
 
これは、そう、
街中で声をかけられて、「え? 誰……?」と必死で考えているうちに、
徐々に記憶がよみがえり、「あー、中学で一緒だった●●!」と思い出す。
――そんな感覚。
 
味自体も、最初に見たときに感じる「え……」をいい意味で裏切り、
普通においしいハイチュウに仕上がっています。
 
お試しあれ。
 
 
<<凱旋門 昇>>