撮り鉄デビュー! "103系電車"を撮ってきた!

  • twitter.png
運行終了

 

 

先週の日曜日、友人宅より帰宅するために「仙石線 あおば通駅」へと向かいました。徹夜の上に二日酔いという最低のコンディション。一刻も早く家に帰って泥のように眠りたい......と、テンションだだ下がりです。



すると、ホームに向かって続々ダッシュする男子が! あきらかにただごとではない雰囲気。なにごとなのか。




改札を抜けてキョロキョロしていると、上のようなポスターが掲示されていました。
 




電車か!!



どうやら私が乗ろうとしていた電車が、「103系」というもうすぐ引退してしまう電車らしい。
これはナイスタイミング!!




と言うわけで、私も便乗して電車の撮影を行うことにしました。
というのも、いつかは電車の撮影をしたいと思っていたからです。
何かとルールなどもありそうで緊張しましたが、とりあえず鉄道ファンの方に粗相のないよう、チャレンジしてみました。
 

 

にわか撮り鉄誕生の瞬間


勝ち進んだときだけ甲子園を突然応援、ワールドカップの時だけ日本を突然応援と、にわかファンとしての経歴は長い私。ですが、今回はにわかファンの歴史に残るほどです。しかもカメラの扱いにも慣れていないヨタヨタぶりで、我ながら不安すぎ。大丈夫だろうか。



これが初めて撮った撮り鉄一発目写真。


moha103-343.jpg
車体番号はモハ103-343といようです。






103電車      103電車2
103系の勇姿を写真に納めまくる「撮り鉄」の大先輩たち




なにしろにわかなので、車体をなんとなく撮ったあとに何をピンポイントで撮ったらよいのかわからずにもたもた。まずは先輩たちがレンズを向けている箇所を真似して撮影。



電車連結部分
便乗撮影した連結部分。どうやらここに重要な情報があるもよう。
この部分に大事な情報が集約されているというのに、撮った写真を見てみたら情報を半分しか撮っていなかった......。なにをやっているのか。残念さに打ちのめされます。







さらに「乗り鉄」としても堂々乗車

電車押ボタン



走行音とかドアが開く音とかが普段の電車と違って微妙に興奮しました。ドアを開ける押しボタンも違うデザイン。



隣には鉄カップル的な2人が座り、キャッキャと鉄道の話をし始めていました。すごい、電車という物を通じたコミュニティに深く参加しているような気分になってくる!!(にわかだけど)








そして何駅か過ぎ、カップルたちが「ヘッドマークが切ないよね」という話をし始めました。





ヘッドマーク......!
そんなものがあるのか!!







なにしろ、にわかファンもにわかファン。ファン歴15分とかなので、そんなことは知るよしもありません。メモリアルの命ともいえるヘッドマークを思い切りスルー!撮ってない!!



にわかとはいえ、こんな事でどうする! と意気込むにわかファン。
下車時のわずかな時間に、マークを撮影することにしました。




自分の最寄り駅で速攻下車したものの、カメラの扱いにも慣れていないので無駄にもたもた。しかし、電車は時刻表びったりに発車しようとしています。ま、待って!!!


電車ヘッドマーク
もたもたしながら泣きそうになって撮った1枚。なんとか...かろうじて写っている!!



拡大


「ありがとう103系」の文字がかろうじて見えます。



とりあえず撮れたのでよかった...!!



やりとげた達成感により、晴れ晴れとした気持ちで家路へと急ぎました。



【まとめ】
デビュー戦としては厳しいスタートとなりましたが、電車をもっと撮ってみたいと思える良い機会だったと思います。先輩撮り鉄のみなさんの情熱とパワーに感銘を受けました。精進します......。



【103系引退】
103系電車とは、1963年3月から1984年1月までに国鉄が設計・製造した直流通勤形電車のこと。2009年10月21日のあおば通8:25発871S列車を最後に引退、JR東日本の103系電車は全廃となります。
もともと205系にすべて置き換えられる予定だったようですが、運用本数の不足からこの1編成が奇跡的に残り、平日の朝に限定運用されていました。しかしついに引退......。10月17日よりヘッドマークがつけられて運用されています(私が乗車したのは18日。おそらく引退ということで土日も走らせたのではないかと思います)。

東日本最後の103系の引退に加え土日ということで、割とすごい人数の鉄道マニアさんが撮影を行っておりました。







時刻表
運行時刻表。まだ間に合います!




<<佐藤ゲルニカ>>






関連する記事:3件



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/279