いろんなショックを飲む

  • twitter.png

 

 

今年の冷夏でビールが苦戦しているのに対して、

ウォッカをコーラで割った、キリンの「コーラショック」がすごく売れているらしい。


 

 

キリン コーラショック

 

 

 

 

これ。
 

勢いにのって10月下旬には「コーラショックゼロ」なる新製品を発売とのこと。

そこで、一足先に「コーラショックゼロ」を飲んでみました!

 
「コーラショックゼロ」
ヘルシー(?)なコーラショック。
 
ウォッカとコーラ
ウォッカ+コカコーラゼロ
売ってないなら作ればいい。
※テーブルクロスとか背景は気にしないでください。
 
アルコール度数40%のウォッカ20mlをコーラ140mlで割ったもの。
計算がちょっと不安だけど、
おそらくコーラショックと同じアルコール度数(5%)になっているはず。
気になる味はというと、コーラ味が最初にくるけど、後味はなんか薬っぽい。
キューバリバー(リブレ)みたいな感じ。
 
本家「コーラショック」はコーラそのもののように飲めた。
それを考えると、だいぶ違う感じ。
飲みやすいことは飲みやすいけど、買ってまで飲むことはないだろうなぁ。
 
ちなみにこれをやるだけのために、ウォッカを購入。
直接飲んでみたけど、普段酒を飲むことの少ない自分にはきつい。
擦り傷の応急処置に使えるのではなかろうか? というくらい、アルコール臭が強い。
なんとなく薬っぽさすら感じるし、ガンガンいけるものじゃない。
かといって、ウォッカが余ってしまうことになりもったいなかったので、
家にある飲料で適当に「○○ショック」を作ってみました。
 
 
 
「ピンクグレープフルーツショック」
名前が長い。
 
ピンクグレープフルーツジュースとウォッカ"
ウォッカ+ピンクグレープフルーツジュース
店でも普通に出てきそうな感じですね。
 
 
これは飲みやすい。
グレープフルーツの苦みが、うまい具合にアルコール臭さを消してくれている。
――と思ったが、後からアルコール臭さがきた。
よく考えたらウォッカの分量を10mlほど間違えていた。
アルコール強すぎだろ......。
それでも100%ジュースだし、なんとなく体によさそうではある。
 
 
 
「緑茶ショック」
焼酎の緑茶割りと何が違うのか楽しみ。
 
緑茶とウォッカ
ウォッカ+緑茶
お茶割りを飲み過ぎて、交差点の真ん中で倒れたことを思い出す。
 
 
焼酎のお茶割りと何ら変わりのない感じ。
非常に無難。
特徴がなさすぎて書くことすらない。
 
 
 
「トマトショック」
なんでタイミング悪く冷蔵庫に入っているんだ。
 
トマトジュースとウォッカ
ウォッカ+トマトジュース
ああ......。
 
 
正直ためらったが、意外とうまくて驚いた。
トマトか塩か、もしくはその両方のおかげかは分からないが、
アルコール臭さが消えており、グイグイ飲める。
なおかつ、しっかりとお酒を飲んだ感じもある。
トマトジュース好きにおすすめしたい逸品です。
 
 
 
「コーヒーショック(矢沢ショック)」
真相の程は分からないのだが、矢沢永吉は焼酎をコーヒーで割って飲むという話を聞いた。
そしてそれは「矢沢割り」と呼ばれているらしい......。
ならば、こっちはウォッカで割る。
 
コーヒーとウォッカ
ウォッカ+コーヒー
たまたまあったコーヒーがBOSS。矢沢ショックを作るのには最適だった。
CMやってたよね、確か。
 
 
すっきりテイスト。
あまり酒という感じもせず、飲みやすい。
これを飲んで、「成りあがり」したいものである。
 
ちなみに「矢沢割り」をGoogleで検索したのだが、ヒットしなかった。
うそなんじゃないの?
なんかアングラな検索結果も出るし......。
 
 
 
「豆乳ショック」
なにやってんの? と聞かれたら、こう答えるしかない。
そこに豆乳があるから(Because it is there.)
見つけた瞬間になんかがっかりした。
 
豆乳とウォッカ
ウォッカ+豆乳
変な重厚感。ラスボスの風格。
 
 
トロッとした口当たり。
まろやかさの後に来る、ほんのりとしたアルコール感。
こう書くと、「おいしそう」と思う人がいるかもしれないが、
それは勘違いで、決しておいしくはない。
一方で、パッケージにあるような、"くせのない、すっきりとした味わい"のおかげか、
言葉や見た目からくるインパクトほど、味にゲテモノ感がないのが不思議。
ただ、普段から飲むか? と聞かれたら「NO」。
 
 
 
冷蔵庫を制覇した僕は、グラスを洗うために台所へと向かった。
その時、そいつはあらわれたんだ――。
ラスボスを倒した後にあらわれる、真のラスボスのように......。
 
 
 
まさかの、しじみ味噌汁
 
これも飲料......か?
 
 
 
 
「みそ汁ショック(あさり風味)」
気付かなきゃよかった。
 
味噌汁とウォッカ
ウォッカ+あさりみそ汁
これは本当にショック。
 
 
 
だし、きいてるなぁ......。
みそ汁の味といっしょにアルコール臭が同時にくる。
今までとはまったく違う味わい。これはダメだ。
せめてもの救いは、みそ汁が冷めていたことか。
 
沈殿物が......
まるで化学実験。
 
早く飲まないとみそが沈殿する。
考えてみればグラスでみそ汁を飲むこと自体初めてだった。
 
やりきった
スタッフがおいしく(?)いただきました。
 
途中、本気でやめたくなったけど、無心で飲みきった。
ああ、変な達成感。
 
後日談として、これをやった翌日の朝にみそ汁が出たんですが、
まったく飲む気が起きませんでした。
精神的ショックが大きかったようです。

最後に
今回は、7つのショックを作成。
トマトショックが意外においしかったのが印象的。
ウォッカ自体に余計な味がなく、割ったものの味がそのまま出るけど、ウォッカを多めに入れると味がきつくなるので注意が必要です。
どれもそれなりにおいしく飲めるので、トライしてみてはいかがでしょうか?
後半2つ以外......。
 
 

 

 


関連する記事:3件



トラックバック(1)

トラックバックURL: http://tuitui.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/1

めちゃめちゃおもしろいブログ見つけました。 いろんな実験をしていて、中には人体に危険があるようなことも! まぁ、実験自体はそんなに大がかりなことでなく、日... 続きを読む